サブバッテリーシステムは、車のエンジンが停止状態でも,メインバッテリーを保護した状態で、サブバッテリーから電源を供給できるようにしたもので、車中泊にはとっても便利です。
エンジン停止中でも、12v冷蔵庫・オーディオ製品・扇風機・ホットマット・FFヒーターなどの電源として使うことができます。
インバターをつけることにより、小型のものなら家庭用家電も使えるようになります。

ディープサイクルバッテリー
普通のバッテリーは、満充電状態をキープして性能を発揮できます。しかし一度過度に放電してしまうとバッテリーの性能が著しく低下し、再充電しても性能は復活しません。
ディープサイクルバッテリーは、放電と充電が繰り返し行えるバッテリーです。
まさにサブバッテリーに適したバッテリーと言えるでしょう。

アイソレーター
サブバッテリーへの充電・停止をコントロールします。
メインバッテリーが、ある一定の電圧を下回っている場合はサブバッテリーへの供給を停止し、車両のバッテリー上がりを防止します。

インバーター
家庭用の電化製品を使うために、(DC)12vから→(AC)100vに変換します。
1500wクラスをオススメしています。
では1500wで使える電化製品を考えてみましょう。
一部の消費電力の低い電レンジが使える場合もございますが、ほとんどの電子レンジは1300w~1500wで使えないものが多くなります。湯沸かし電子ケトルが大体1300w前後・ドライヤーなら強で1000w-1200w前後、それくらいまでなら使用できると思います。ただし、バッテリーの容量やコンディションによりますが、1200wなら数分程度が限界で長時間の使用には耐えられませんので、できるだけ消費電力の小さいものを選ぶと良いでしょう。